山本・森・松尾法律事務所
トップページ 事務所紹介 業務内容 弁護士紹介 採用情報 所在地 お問い合わせ

ベンチャー部門が独立している理由

これからの関西圏、そして日本では、数多くのベンチャーがトライアンドエラーを繰り返しつつ、優れたビジネスを生み出していくことが、求められることは間違いありません。当事務所は、ベンチャー支援の拠点(ハブ)となって、起業や会社の成長を取り巻く環境を改善させることを目標にしています。単に、弁護士だけではなく、数多くのプロフェッショナルや投資家とのネットワーク・コネクションを構築して、法的アドバイスにとどまらず、総合的に支援したいと考えています。
また、成長を志す企業にとって必要なリーガルサービスは、通常の法律事務と異なる面が少なくありません。特に、投資家からエクイティー投資を受ける場合や、IPOを目指す場合、将来には企業再編が想定される場合等には、早期からノウハウと経験をもった弁護士からのアドバイスが欠かせません。具体例については、ブログ「ベンチャー法務の部屋」をご確認下さい。当事務所では、これまでのノウハウと経験に基づいて、スピーディー且つ適確に支援致します。

 
・ファイナンス: 資本政策の策定。投資契約や株主間契約の締結アドバイス。普通株式、種類株式、新株予約権、新株予約権付社債の発行。ストックオプションの発行その他のインセンティブ・プランの整備。
・契約関連: 基本的契約や規約・約款の作成。ライセンス契約・代理店契約・秘密保持契約(NDA)・共同開発契約・業務委託契約・ジョイントベンチャー契約・売買契約等を始めとする契約書や約款の作成に対応。特に、将来のIPOやM&Aを意識した作成・レビュー。ジョイントベンチャーの組成・運営・清算。
・労務: 各種労務関連のアドバイス。雇用契約、就業規則等の作成。
・起業支援: 最適な事業スキームやファイナンススキームの検討。
・ファンド: 投資事業有限責任組合・LLP・匿名組合等の設立、運営支援。ベンチャーキャピタルファンドの投資委員会におけるアドバイス・法的リスク判断。
・M&A・再編: 事業譲渡・株式交換・株式移転・合併等のスキーム構築・デューディリジェンス。
・IPO: 株式上場支援・IPO引受審査(法務デューディリジェンス)。
・商事事件: 新株発行差止仮処分事件・株式買取請求事件等の各種会社訴訟・非訟事件。
・知的財産権: 知的財産戦略策定。ライセンス契約や共同開発契約の検討。職務発明規程の作成。特許権・商標権・著作権等の知的財産権戦略に対応した契約書作成・侵害事案対応。
・設立: 会社等の設立。
・コーポレート: 定款・株式取扱規程・取締役会規程その他各種社内規程の整備。法令遵守(コンプライアンス)態勢の整備、運営。株主総会・取締役会の適正な運営。内部統制体制確立にかかる法的助言。
・適法性検証: 新規ビジネスモデル・新規製品・金融商品・輸出入等の適法性・リーガルリスクの検証。
・渉外: 外国企業との合弁事業の設立や、販売店契約の締結などの業務、英文での交渉、契約書作成、
紛争送処等に対応。
   
お問い合わせはお気軽に/06-6228-0505
サイトマップ
ベンチャー法務の部屋
 

HOME事務所紹介弁護士紹介採用情報所在地本サイトの利用条件プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ

COPYRIGHT2010 ©, 森法律事務所 All Rights Reserved.